「信長公生誕の地・ 勝幡城跡」御城印の販売開始!【先行販売のお知らせ】

終了しました

勝幡城跡の御城印ができました!

令和3年3月20日(土)・21日(日)の2日間、愛知県国際展示場 Aichi Sky Expoで開催される「にっぽん城まつりfeat.出張!お城EXPO in愛知」において、「信長公生誕の地・勝幡城跡」御城印を先行販売します。

勝幡城(しょばたじょう)は、愛知県稲沢市から愛西市にまたがる地域にあったとされる城で、織田信定(信長の祖父)によって築かれました。信長は1534年にこの城で生まれたと言われています。

現在、城跡には石碑や説明板が建てられ、近くの勝幡駅前広場では推定復元模型や幼少期の信長像を見ることができます。

販売場所

愛知県国際展示場 Aichi Sky Expo「にっぽん城まつりfeat.出張!
全国の名城出展ブースエリア内 愛知のお城観光推進協議会「勝幡城跡」ブースにて

販売枚数

にっぽん城まつり来場記念版 各日500枚(限定)

販売価格

1枚300円

その他

4月1日から稲沢市観光協会・愛西市観光協会において、通常販売を予定しています。
(詳細は後日お知らせいたします)
※御城印に関するお問合せは、稲沢市観光協会(☎0587-22-1414)へお願いいたします。

勝幡城跡や稲沢市内の信長ゆかりの地に関する情報は、下記をご覧ください

織田信長生誕の城 勝幡城
稲沢×信長観光ガイドBOOK 「尾張信長公記 信長と稲沢」